WinSCPによるファイル転送 とkintoneのJavaScriptファイル更新方法

364
にほんブログ村 IT技術ブログへ

WinSCPとは?

今更このツールの紹介?って感じもしますが。
このツールはご存知の通り、 FTP/SFTP/SCPに対応した オープンソースのファイル転送ツールです。
非常に使い勝手が良く、ここ何年か愛用しているので改めて記事にしてみようかと思いました。

窓の杜ではこちらからダウンロードできます。
以下のようなUIです。(FTP時)
初めて使う人でもわりと直感的に使えるかと思います。(個人の感想)

基本的な使い方はネットに色々転がっているので、そちらを見てください。

こちらでは、個人的に使えると思っている以下の2点について記載します。

  1. FTPが使えない環境下でのSCPによるファイル転送
  2. kintone開発におけるJavaScriptファイル転送

また、当然のようにWindows環境での話になります。Macについては良く知りません。

FTPが使えない環境下でのSCPによるファイル転送

システム開発プロジェクトは世の中に星の数ほどある気がしています。
という事はそのプロジェクトの数と同じくらいの開発環境があるはずです。
あるプロジェクトが立ち上がって、色々な人材が各方面から集められて、寄ってたかったシステムを構築していくわけです。

そういう中でわりとよくある出来事が、サーバにアクセス出来ない系の問題。
Webサーバにファイル転送したい。SSHは繋がるけど何故だかFTP繋がんない問題。

そういう時って、だいたいFTPのポートが開けられてないんですよね。
FTPってセキュリティがゆるいので、ネットワークやインフラ管理者からすると開けたくないポートなんですね。
だけど、サーバにファイル転送しないと、開発進まないじゃん!って、インフラ担当 VS 開発担当のバトルが勃発するケースもチラホラあります。

だいたいネットワーク設定の変更って、ポート一つ開けるだけでも、申請やら何やらで時間が凄い掛かったりして、お願いする方も気が引けます。(お願いされる方はもっと面倒なので、大体嫌がられる。)

そう。ここまで書けば、何が言いたいか分かりますね?
そんな面倒なインフラ担当とのやりとりなんかせず、FTPなんて捨てて、おもむろにSCPでファイル転送してしまった方が良いという話です。

SCPが使えなかったらどうするって?
大体使えます。
何故ならインフラ担当がサーバやらネットワーク機器にログインするのにSSHを使用するはずです。
そのSSHのポートを使用してファイル転送するプロトコルがSCPなので、お勧めなんです。

私は大体ファイル転送が必要なプロジェクトに着いたらWinSCPをインストールして、SCPでファイル転送しています。これで大体の現場は事足ります。

以下はSCP中のスクリーンショット。
何が変わってるか、分かりませんねw
良く見ると右下に「SCP」の文字が。。。

kintone開発におけるJavaScriptファイル転送

もう一点、WinSCPのお勧めポイント。
kintone開発時にJavaScriptファイルの転送がいちいち面倒な問題。

kintoneでは、各アプリにカスタマイズを施すのにJavaScriptファイルを作ってカスタムしていきます。
手順は以下の通り。

  1. ソースファイルを用意
  2. kintoneの「アプリの設定」メニューからJavaScriptファイルをアップロード
  3. kintoneの「アプリを更新」ボタンで更新

ファイルをアップロードするだけでも、面倒なのに、その後に「アプリを更新」ボタンを押す必要がある。。。
まぁ、一度や二度で済むならいいのですが、ちょっとづつデバッグしていきながら、書いていきたい時なんかは
もう本当に面倒です。

でも、JavaScriptファイルはkintoneのサーバにアップロードするだけじゃなくて、外部のファイルをURLで参照させる事が出来ます。以下のようにURL指定すれば「3」のアプリを更新ボタンを押す必要は無くなります。

でも、ファイルを別のサーバにアップロードする必要はあります。
それがそもそも面倒なんですが。。。
そういう時にWinSCPに便利な「ミラーリングアップロード」機能があります。

「ミラーリングアップロード」は、ローカルPCの特定のファイル・ディレクトリを監視して、更新が有ったらリアルタイムにファイル転送し、リモート側のファイルを随時最新化する機能です。

WinSCPの「コマンド」メニューから「ミラーリングアップロード」をクリックすると以下のダイアログが出てきます。

見ての通り、ローカル側のディレクトリとリモート側のディレクトリを指定して、開始ボタンを押すだけで常にファイル転送待ち状態になります。

便利なのは転送オプションで「選択したファイルのみ同期する」というやつ。
今、編集中のJavaScriptファイルだけで良い場合は、そのファイルを選択状態で同期を開始すると、そのファイルだけ監視してくれて、最新化してくれます。超便利。

この機能のおかげでファイル転送する手間を削減できるので、コーディングに集中する事ができます。
お勧めの機能です。

まとめ

私の愛用ツールWinSCPについて、お勧め記事にしてみました。
ツールは色々ありますが、直感的に使えて自分の手になじむものが良いですね。
今後も、こういうお勧めツールを思いついたら記事にしていこうかと思います。
ではでは。

広告

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

wpmaster
  • wpmaster
  • フリーランスシステムエンジニアの鎌形です。
    鎌形システムエンジニアリングとして都内で活動中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。