BABYMETALについて(その2)

178
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
View this post on Instagram

THE FOX GOD led us @babymetal_official MASTER @Metallica! Thanks photo: @RossHalfin​ #BABYMETAL #metallica #worldwired #metal

BABYMETALさん(@babymetal_official)がシェアした投稿 –

これは2017年1月にMETALLICAの韓国公演にBABYMETALがサポートアクトとして参加した時の写真です。METALLICAのサポートって。ミラクルですよ。日本の誇りです。

目次

  1. BABYMETALが生み出したもの
  2. KAWAII METAL
  3. 他のメタルと何が違うのか?
  4. アイドルがメタルソングをバックに歌う事
  5. 自作の曲を演奏しないメタルバンド
  6. まだ続く

BABYMETALが生み出したもの

前回からの続き。
BABYMETALが生み出したものとは何か?
いくつか挙げてみたいと思います。

KAWAII METAL

メタルと一口にいっても色々なサブジャンル(?)がありますが、その一画に実はカワイイメタルなるものが存在しているのはご存知でしょうか?
wikiによると2010年頃のようですが、BABYMETALを筆頭にアイドル要素とメタルを掛け合わせた国内アーティストが出始め、メタルのサブジャンルとしてカワイイメタルというものが出来たようです。

AldiousBAND-MAIDBiS仮面女子LADYBABY辺りは私も少し知ってますが、結構居るんですね。wikiによると、ももクロもカワイイメタルに含んでますね。この辺は意見が分かれる所かもしれませんが。
ジャンル分けって結局主観的なものでしかないので、どこに属すとか属さないとか言い出すとキリがない所ありますし。そこは置いておいて。

他のメタルと何が違うのか?

BABYMETALはメタルなのか?という話もあります。が、そういうのはどうでも良くて。

1つはビジュアル的な面。女性アイドルの可愛さを全面に押し出したパフォーマンスは、今までのメタルには当然無かったですね。
BABYMETALはフロントの3人のアイドルが、センターがVocal、サイド2人がダンス&コーラスという形式。ダンスパフォーマンスを見せるって所もカワイイメタルの特異な点だと思います。
他のジャンルなら珍しくもないですが、メタルでダンスパフォーマンスはそうそう無いですよ。
十代のアイドルの女の子がフリフリの衣装(?)を着て、メタルソングに合わせて踊りまくってるなんて、結構なインパクトですよね。

また、音楽的にはBABYMETALのようにボーカルのメロディーラインはJ-POP的なものが多いようです。(例外ももちろん有ると思います。)
J-POPの良さってやっぱりメロディラインの覚えやすさ。歌詞の親しみやすさだと思います。
それがいい感じにヘビーメタルの楽曲に融合してると思います。

上記のドキドキモーニングは、2010年にBABYMETALとして初披露された記念すべき1曲。この曲は、翌年2011年にミュージックビデオ作成されYoutubeに公開されると、海外メディアに取り上げられ多くの海外ファンを獲得する契機となった曲です。
ビックリしますよ、本当に記事になってるし。
なぜこの曲が!なぜBABYMETALが!って所も語りポイントですが、日本の漫画、アニメ、おたく文化等日本独自のサブカルチャーが海外に浸透してきたという現状があって、そのタイミングに日本独自のアイドル文化と本格的なヘビーメタルを取り入れた楽曲を披露するBABYMETALが表れた事がタイミング的にちょうど良かったから、という気がしてます。

聞いてみるととてもPOPでキュートな感じですが、バックで鳴ってるのは超ヘビーなメタルなんですよ。ノリノリなパーティソング的な面もありつつ、コアなメタルファンも唸らせる楽曲は癖になります。歌メロも本当にメロだけ聞くと、ど直球のアイドルソングなんですよ。
従来のコアなメタルファンが聞くと邪道だ!って言いたくなる気持ちも分かるというw

この曲は以下の1stアルバム「BABYMETAL」に収録されています。他にもこのアルバム名曲揃いで色々語りたいのですがまた今度。

アイドルがメタルソングをバックに歌う事

BABYMETALの最大にして最強の武器はVocalのSU-METALの歌声です。
ヘビーメタルソングにSU-METALのストレートな歌声が乗ると最強なんです。
初めて聞いた時、これは凄い!って思いました。ヘビーメタルに女性のストレートな歌声が乗ってるのって、初めて聞きましたから。
ストレートな歌声がこれほどメタルとマッチするとは思いませんでした。この手が有ったか!本当に発明だ!と思いました。

メタルバンドの女性Vocalって、歌い方はわりと男性同様で基本は力強い感じで、シャウトなんかもするし、割とパワフル&テクニカルって感じです。
有名どころの日本のバンドだとSHOW-YAの寺田さんとか。力強い系の筆頭ですね。
SU-METALの歌声はそういった力強い系女性Vocalとは一線を画す、J-POP系歌手のストレートな歌い方です。今までに無い組合わせで新しいと思います。

自作の曲を演奏しないメタルバンド

そもそもBABYMETALはメタルバンドというよりメタルユニットといった方が適切ですが。
リスナーから見れば良い曲、良いパフォーマンスが見れればどちらでも良いわけで。

従来のメタルバンドでは自作の曲を演奏するのが当たり前。しかし、BABYMETALに関してはメンバーが作曲してるわけではなく、全然別の人に曲を書いてもらってます。(アルバム1stアルバム2nd)そのため、アルバムに収められる曲は本当にバラエティ豊かです。
ジャンルで言うとスラッシュメタル、パワーメタル、ジャーマンメタル、デジタルロック、ラップ、オルタナティブメタル、J-POPなどなど。とにかく色んなタイプの楽曲があり、聞いてて本当に同じグループの曲なのかと思うほど。(褒めてる)
(上のジャンルは思いついたやつを適当に並べただけです。異論は勿論認めます。)
同じ人が曲を書けば似るのはしょうがないし、当たり前なんだけど。全然別の人が楽曲提供している事でいい感じに印象がばらけて飽きが来ないのがポイントです。
しかも、全然バラバラってわけじゃなく、ヘビーメタルらしさが1本通った感じの楽曲になっているのは、BABYMETALの舵取りをするプロデューサーKOBAMETALさんのセンスが良いのだと思います。

BABYMETALを聞いてると、何故今までのメタルバンドは自分達だけで曲を作ってたのか?他の人に曲書いてもらっても良かったんじゃないのか?とも思います。
まぁ、自分達の音楽を作りたいし、演奏したいから。だと思いますが、他の人からの楽曲提供も一つの手段ですよね。上手く使えば、マンネリ化を防げると思うし。

まだ続く

まだ書くべき事があるのでもう少し書きたいのですが、今回はこの辺で。
最後に1stアルバム「BABYMETAL」から私の一押し楽曲を。
この曲こそ、ジャパニーズヘビーメタルは死んでなかった!と思わせる1曲。
X Japanを思わせるこの楽曲はジャパメタへの熱い気持ちを思い出させてくれます。
そして、SU-METALの混まじりっけいっさい無しのストレートなVocalが冴えわたる、美しくも激しい様式美メタルです。超おすすめ。


ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:ブログ更新しました!


広告

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

wpmaster
  • wpmaster
  • フリーランスシステムエンジニアの鎌形です。
    鎌形システムエンジニアリングとして都内で活動中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。