Markdown記法でシーケンス図が書ける【Mermaid】

104
にほんブログ村 IT技術ブログへ

Mermaidとは?

タイトルの通りですが、Markdown記法でシーケンス図が書けるスクリプト言語です。
シーケンス図の他にもフローチャート、ガントチャートまで書けてしまいます。

開発してるとフローチャートやシーケンス図は書く機会もあるので覚えておくと便利かもしれません。
維持保守なんかでも障害時にシステムシーケンス図なんか書くと事象が整理されて良いですね。

公式サイトはこちら

シーケンス図のサンプル

sequenceDiagram
    Client-->>Server: request;
    Server-->>Client: response;

上記の3行で以下の図が出力できます。

見え方

超簡単!超便利!
重たいExcelだのVisioだのと格闘する必要無いんです!

利用方法

いくつかあります。

  • WebサービスのMermaid Live Editorを利用する
    • コード入力欄にMermaidのコードを入力するだけ。
  • Github、Gitlabで使う
    • Mermaidのソースファイルを .md ファイルにして保存するとブラウザで表示できるようです。(未確認)
  • ローカルでコマンドライン出力する
    • Node.jsインストール済み環境で mermaid/mermaid.cli をインストール

コマンドのインストール方法

Node.jsインストール環境で以下を実行。

npm install -g mermaid
npm install -g mermaid.cli

コマンドの実行方法

.mmd の Mermaid ソースファイルを読み込んでPNGファイルとして出力します。

mmdc.cmd -i .\test1.mmd -o test1.png

コマンドヘルプは以下。-i が入力ファイル、 -o が出力ファイル。
出力形式はPNG、SVG、PDFが選択できるようです。

MMD> mmdc.cmd -h
Usage: index.bundle [options]

Options:
  -V, --version                                   output the version number
  -t, --theme [theme]                             Theme of the chart, could be default, forest, dark or neutral. Optional. Default: default (default: "default")
  -w, --width [width]                             Width of the page. Optional. Default: 800 (default: "800")
  -H, --height [height]                           Height of the page. Optional. Default: 600 (default: "600")
  -i, --input <input>                             Input mermaid file. Required.
  -o, --output [output]                           Output file. It should be either svg, png or pdf. Optional. Default: input + ".svg"  -b, --backgroundColor [backgroundColor]         Background color. Example: transparent, red, '#F0F0F0'. Optional. Default: white
  -c, --configFile [configFile]                   JSON configuration file for mermaid. Optional
  -C, --cssFile [cssFile]                         CSS file for the page. Optional
  -p --puppeteerConfigFile [puppeteerConfigFile]  JSON configuration file for puppeteer. Optional
  -h, --help                                      output usage information

シーケンス図を書いてみる

Apache/Tomcat/MySQLのWebシステムシーケンス図。

sequenceDiagram
    Client->>+Apache: HTTP Request
    Apache->>+Tomcat: AJP/1.3
    Tomcat->>+MySQL: JDBC
    MySQL-->>-Tomcat: JDBC
    Tomcat-->>-Apache: AJP/1.3
    Apache-->>-Client: HTTP Response

フローチャートを書いてみる

graph TD
    A(開始)-->B{入力チェック}
    B-- OK -->C[メイン処理]
    B-- NG -->X(異常終了)
    C-- OK -->Z(正常終了)
    C-- NG -->X

矢印の開始位置、終了位置とか指定できないのかな?
ちょっといびつな感じになった。。。
とは言え、簡単に上記が出力できました。

ガントチャートを書いてみる

gantt
    title A Gantt Diagram
    dateFormat  YYYY-MM-DD
    section Section
    A task           :a1, 2014-01-01, 30d
    Another task     :after a1  , 20d
    section Another
    Task in sec      :2014-01-12  , 12d
    another task      : 24d

公式サイトのサンプルのままです。。。

結び

やっぱりシーケンス図が簡単に出来て見栄えもそのまま使えそうで良い感じ。
機会があれば使ってみては如何でしょうか?
Mermaid Live Editor ならすぐ使えるのでお勧めです。

広告

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

wpmaster
  • wpmaster
  • フリーランスシステムエンジニアの鎌形です。
    鎌形システムエンジニアリングとして都内で活動中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。